ウォーターサーバーの水の種類と硬度について

バナー

ウォーターサーバーの水の種類と硬度について

美味しくて安心して飲む事が出来る宅配水を自宅に届けてくれるウォーターサーバーは従来であれば公共施設や医療施設などで見かけた設備ですが、最近は各家庭で導入する人も多くなっています。


水道の水は塩素が含まれているのでカルキ臭さがあるためミネラルウォーターを利用すると言う人も多くなっていますが、ミネラルウォーターはお店で購入して持ち帰る場合、まとめて購入した時などは重量が多くなるので買い物をする人は大変です。



その点、ウォーターサーバーは水を注文すれば自宅に届けてくれますし、ある程度ストックをしておけば切れてしまった時でもタンクを交換すればすぐに美味しい冷水やお湯を給水する事が出来ます。



尚、ウォーターサーバーは色々なメーカーが製品かを行っており、メーカーにより水の種類が様々です。



大きく分けると自然環境の中で採取した天然水と、水をRO膜フィルターでろ過を行ったRO水に分ける事が出来ますが、水には硬度と言うものがあり、製品によりその硬度は色々なものがあるのです。

硬度は数値で表されているもので、数値が低いほど軟水の水であり、数値が高くなる事で硬水と呼ばれている水になります。

日本の水は軟水の硬度を持つもので、ウォーターサーバーを選ぶ時には飲みなれているものを選ぶのがお勧めです。

但し、ミネラルウォーターで硬水を選ぶ人などの場合は、軟水よりも硬水の水を給水する事が出来るタイプがお勧めで、日本の水に慣れている場合には軟水がお勧めです。